有料老人ホーム 入居一時金、クーリングオフ

有料老人ホームの入居一時金、クーリングオフ

有料老人ホームの入居一時金、クーリングオフ

有料老人ホーム入居一時金のクーリングオフについて、これから入所するホームは「安心だわ」と思ってしまいがちですが、クーリングオフが適用される条件というものがあります。

 

まずそのホームに支払った入居一時金が、平成18年の7月以降なのかそれより前なのかによってです。

 

以降の場合から説明すると、入居一時金を支払ったあとに90日以内であれば、クーリングオフの申請をすることが出来ます。

 

この場合、全額返金されるとは限らず、月額で支払った分については返却されないことが多いです。

 

また、返却が認められるかどうかについても基準が様々となっていて、返却が認められれば戻ってくるのですが、どんな場合でも返却されると約束されているものではありません。

 

それから、18年7月以前に支払った入居一時金については、クーリングオフは認められておらず、償却した残高と500万円のどちらか低いほうが保全されています。

 

どちらのケースも支払った金額の全てが支払われるわけではありませんし、そもそもクーリングオフの基準に当てはまらないという場合もありますから、入所する前に必ず確認をするようにしましょう。

 

入居一時金は決して小さな金額ではありませんから、有料老人ホームの入居一時金のクーリングオフについて事前に確認をしておかないと、予想もしていなかった事態になってしまうことがあるので、何も知らずに申し込みをして支払いをしてしまうのは危険です。

 

一度支払ってしまったら、クーリングオフの適用じゃなかった場合、返金されません。

複数の老人ホームで費用を比較することで、確実に最適な老人ホームを探せます。

一括で無料の資料が請求できる。おすすめのサイト!
介護DB HOME'S介護



老人ホーム/高齢者向け住宅探すのなら 介護DB



老人ホーム・介護施設の検索なら【HOME'S介護】

気になる施設をチェック!たった一回の必要事項記入で、複数の施設の無料資料が自宅に届きます。

まずは、資料を手に入れてからゆっくりと考えることが、失敗しない老人ホーム選びのコツだと思います。

最低限上記2サイトはチェックしておくことをおすすめします!

有料老人ホームにもいろいろあって、入居一金が0円から数千万円の所や月額費用が数万円から数十万円の高級な所まで様々です。

予算にあった、最適な老人ホームを確実に見つけるには、格老人施設のパンフレットを実際に取り寄せて、徹底的に比較することが一番確実です。

複数の資料を請求して、徹底比較することによってメリットも沢山あります。

こんなメリットが!
●費用が詳しく分かり比較できる。
●介護のサービス内容が詳しくわかる。
●相場がわかる。
●食事内容がわかる。
●入居一時金や月額費用がわかる。
●費用の安い所が見つけられる。
●介護保険の自己負担金の詳細がわかる。
などと、メリットは他にもあるのですが、このような内容は、いろいろな所を比較してみないとわからないことです。


でも、気になった所に資料を一つ一つ請求するのは大変面倒な作業になりまね。

そんな時便利なのが、複数の老人ホームに一括で資料請求できるサイトです。

面倒な情報の入力作業もたった一回だけで、複数の老人ホームに一括で資料を請求することができるようになっています

一つ一つホームに資料の請求するよりも効率が良く、情報の入力も3分位ですみます。

こちらから費用にあわせた老人ホーム探しやパンフレットがまとめて無料で一括請求できます。



詳細はこちらへ 老人ホーム/高齢者向け住宅探すのなら 介護DB



ホーム RSS購読 サイトマップ
入居費用 入居までの流れ 選び方 資料請求が重要 有料老人ホームメリット 老人ホームの種類